Top Page >> 男の武術空手

『男の武術空手』 について

このページでは、『男の武術空手』 をご紹介いたします。

男性向けのスマホ用公式ページはこちら。PCからも閲覧可能です。


当道場では、伝統派空手における松涛館流の空手を基本としていますが、男性向けの稽古では、松涛館流空手の枠を越え、様々な日本伝統武術や海外武術の技や動きを取り入れた「実戦想定型武術空手」の稽古をしています。

「強くなければ意味がない」、「勝たなければ意味がない」という生死をかけた武術本来の考えを骨子とし、アメリカなど海外数カ国での数々の実戦経験、ヨーロッパの警察機構や軍をはじめとして海外五十カ国以上での空手指導経験を有する最高師範が、世界に通用する最高の技術を伝授しています。

「強さ」と「技術」を追求する本格的かつ実戦的な武術としての空手の稽古。
形式よりも実戦性を重視するため、未経験の方や他流派出身の方も、すぐに馴染みやすい稽古内容です。

稽古内容は非常に濃く、「他で十年分の稽古を一年で行う」を実践しています。

日々の稽古では、基本鍛錬、部分鍛錬から、形、組手、護身術、取手、武器術、試割まで、個人の適性や進捗度に合わせて、様々な稽古内容を取り入れています。
可能であれば海外指導への同行も稽古の一環として行います。

高校生、大学生などの学生さんはもちろん、二十代から六十代までの社会人の方々が、『本物の強さ』を求めて稽古しています。
「強くなりたい」という強い思いがあれば、ご希望により、中学生男子も一緒に稽古をすることができます。

実は、男性の「強さ」は、ビジネス、仕事の世界においても必ず役に立ちます。
男性社会では、本能的に、「強い背景」を持った者が勝つ。
当道場の武術空手の稽古では、単に肉体を鍛錬し精神を鍛えることのみならず、男性としての「強い背景」を創りあげることをもって、稽古の成果を、個々人の活躍に域に留まらず、社会、国に貢献していくということを信条としています。

当道場は、一流の技術者のもと、「強くなりたい」という共通の思いを持ち、競争ではなく、それぞれが自ら設定したテーマを持って、個性を活かしながら、活気溢れる稽古をしている唯一無二の本物の空手道場です。

きっかけは皆、様々です。
強くなりたい、喧嘩で負けたくない、身体を鍛えたい、精神を鍛えたい、女性にもてたい、空手に憧れていた、真の空手を追求したい、試合ではない本物の空手をやりたい、職業柄、制圧する技や護身の技を身につけておきたい、子どもと一緒に始めたら自分がはまった、ストレス発散、運動不足解消、健康維持、体重減量に、など。

年齢はもちろん、空手やその他の武道、格闘技の経験の有無、程度は問いません。

最高師範は、技術者でありながらも、面白く、懐の大きな、きさくな人格者です。
気負わず、お気軽にお越しください。


初心者の方へ ~黒帯への道で自分を鍛える~

新しいことにチャレンジすることは、とても勇気がいります。
でも、もし「強くなりたい」、「空手をやってみたい」という気持ちが少しでもあれば、当道場の門を叩いてみてください。
短期間で手応えを感じるはずです。
必ず、強くなります。

初心者の方でも意欲次第では1年未満で黒帯の実力を身につけます。
三十代、四十代、五十代から空手を始めた有段者も多く在籍しています。
武術空手に年齢は関係ありません。

十代からシニア世代まで、幅広く歓迎しています。
必ず短期間で心身ともに強くなっていることを実感し、皆様がご想像しているとおりの黒帯になります。

経験者の方へ ~流派を問わず本物の空手を~

かつて空手をしていたけどもブランクがあるという方や、現在も空手をしている方、最高の技術者のもとで本物の空手を始めてみませんか。
経験に応じて、黒帯から始めることも可能です。

現在、他団体、他流派、その他格闘技団体に所属している方の移籍も、歓迎しています。
現在も、松涛館流をはじめ、糸東流、和道流、剛柔流の伝統派やフルコン、キック、ボクシング、合気道、古武道、柔道、ラグビーなど様々な空手、武道、格闘技等から移籍されてくる方がいます。
ご事情をうかがったうえで、ご相談に乗ることもできます。
現在の所属団体に疑問のある方、試合空手に疑問のある方、本当に強くなりたい方、実戦に通用する技術を学びたい方など、お待ちしています。

鍛えた身体に本物の技術を。


基本鍛錬

当道場では、基本及び部分鍛錬を重視しています。

基本動作の反復を欠かしません。

また、成人男性の場合は、「スポンジの拳から強靭な突きは生まれない」という考えのもと、強い拳を鍛え上げるため、巻藁、立木、サンドバッグ、人によってはコンクリートを突きます。
拳のみならず、身体のあらゆる部分の鍛錬を行います。
最高師範の適切な指導のもと、人体を損傷することなく、実戦に使える強い拳と身体を鍛え上げていきます。

この部分鍛錬は、男性として、空手家としての醍醐味と言ってもよいでしょう。

強い下半身を作り上げ当て感を養うためのサンドバック蹴りも欠かせません。




形(かた)

本来、形は、先人達の血と汗から創り上げられたものであり、実戦技から構成されたものです。

実戦面からみると、形のなかには、禁じ手なる技が豊富に含まれています。
いざという時に使える実戦的で危険な技を、形を通じて習得していくことになります。
形を覚え鍛錬すれば、実戦でいくらでも瞬時に効果的な攻防技を出すことができるようになります。

当協会では、現在、52の公式形(『公式形』のページ)を設定しています。
そのうち、半数前後が『松涛館流』の形、残りの半数前後が『渡邊流武術空手』の形で、古典形や白鶴拳の形を含みます。
上記の形の性質をとらえ、男性向けの稽古では特に形の解釈(意味)を重点的に行います。




組手

空手における組手稽古は、仮想の敵を想定して互いに技の攻防を行うものであり、最も実戦に近いかたちでの稽古です。

現在空手界の主流となっている「試合空手」での自由組手は、いわゆる「ポイント取りのゲーム」であり、本来の空手とは程遠いものとなってしまっています。
松涛館流空手の祖である船名越儀珍翁も、厳に、自由組手、試合空手を否定していました。

当道場では、試合空手を一切排除し、あくまで素面と素手と寸極めを基本とし、正しい技を習得する基本一本組手、間合いを習得する自由一本組手、攻防における技の掛け合いを習得する約束一本組手、より実戦に近いかたちの乱取りの稽古を行っています。
空手以外の武術も取り入れた様々な技を習得していきます。

稽古により、いついかなる時であっても、どんな場所であっても、どんな相手であっても、攻防できる技術を身に付けます。




護身術

男たるもの、自らの身のみならず、家族、恋人、そして周囲にいるかもしれないお年寄りや子どもたちを守らなければなりません。

空手は本来、護身術でありますが、護身術の稽古では、特に、刃物を持つ相手、棒や物を持つ相手、拳銃を持つ相手、人質をとる相手、複数の相手、喧嘩の仲裁など、様々な場面を想定した稽古を行います。
最高師範は、海外警察や軍での護身術の指導経験も豊富であり、一流の技術を学ぶことができます。



取手(とりで)

組手や護身術の延長として、より複雑かつ高度な技を習得する取手の稽古。

柔術、合気、古武術などの様々な武術を取り入れた、より実戦的な動きの稽古です。
日常生活において避けざるを得ない争いに巻き込まれた時、争いを止めに入る必要がある時など、現場でのより具体的な動き方と心得を習得します。



武器術

空手はあくまでも無手にこだわる武術なので、武器術の稽古といっても、武器での攻撃の仕方を学ぶものではありません。
武器の特性、すなわち武器の長所と短所を覚え、武器を持った相手からの攻撃に対し、適切に対処するために、武器術の稽古をします。

杖、木剣、木刀、サイ、トンファ、ヌンチャク、十手、鎖鎌、短刀、ナイフ、拳銃など。

素手でも武器に対して攻防できるようになります。



試割

空手の力試しの方法の一つとしての、試割。

なかには、試割用の割れやすい板、瓦、バット、ブロックなども売っていますが、当道場では、本物の板やブロックを使用して実力試しをします。

また、最高師範は、世界でただ一人、ゴルフクラブの一指切りの演武を行うことで有名です。
人差し指の部分鍛錬により、極めた技です。

このような試割は、年1回の演武会でもお披露目することができます。




海外指導

稽古の一環として、海外の指導に同行することも可能です。

海外では、黒帯の大男達が、容赦なく実力試しに挑んできます。
実戦修業の相手としては申し分のないことでしょう。

海外では、技術ありきです。

日頃、最高師範のもとで修業していれば、その成果を試すことができる絶好の機会となります。



その他

年間行事として、段級審査、合宿、演武会などがあります。

段級審査については、『公式段級位』のページへ。

多くの皆様のご入門をお待ちしております

稽古は真剣そのもので厳しいですが、稽古時間以外は明るく楽しい道場です。

気さくで器の大きい最高師範と、明るく強い指導員たちがお待ちしております。

多くの皆様とご縁がありますように・・・。

押忍